ペットロスと頭痛の関連は?

大切なペットを亡くし頭痛が…ペットロスによる症状を改善させるには

「ペットロス症候群」という言葉を耳にする機会が
増えてきました。

 

これは愛するペットを亡くしたことにより、心や身体に
様々な症状が表れることを指します。

 

ペットを亡くした後から頭痛がするという方の場合、
ペットロスによる症状が身体に出たと言えるでしょう。

 

「症候群」という言葉から、「病気」のような印象を受ける
こともあるかもしれませんが、ペットロスは病気ではありません。

 

大切な存在だったペットが側にいなくなってしまった衝撃による、
いわば心と身体の正常な反応なのです。

 

ですから、「ペットを亡くした上に、病気になってしまった」
と不安に感じることはありません。

 

それではペットロスにより頭痛という症状が表れた時、
どのような方法で症状を和らげることができるのでしょうか。

 

無理をして悲しい気持ちを抑えない

 

ペットロスの症状が頭痛という身体に出る方には、
「悲しんだらあの子に悪い」と悲しみを我慢し、
涙をこらえる傾向にあります。

 

しかし悲しみをこらえるという行為は、ペットロスの
症状を改善させることを難しくし、長引かせてしまうこと
に繋がります。

 

悲しさを抑えることは、いつまでも苦しみや
つらい思いを心に留めておくことになります。

 

泣きたいときには我慢せず、自分の心に寄り
添いながらたくさん泣いてください。

気持ちを分かってくれる人に話を聞いてもらう

 

自分の心の中だけに、悲しみや苦しみを閉じ込めておくことも、
頭痛などの症状が出ているペットロスの改善には
悪影響を及ぼします。

 

あなたの心情を受け取り、頷いてくれる人に話を
聞いてもらうことはとても大切なことです。

 

例えば、同じ経験を持っていてあなたの気持ちを
理解してくれる人、一緒に飼っていた家族などは
親身に話を聞いてくれるでしょう。

 

もしも誰かに話すことが難しいようならば、あなた
だけが見る「日記」に素直な気持ちを書き綴ると
いう方法もおすすめです。

 

ペットロスによる頭痛といった症状の改善には、悲しさ
などの感情を心に留めておくのではなく、吐き出して
いくことがとても大切です。

 

周囲の心無い言葉に耳を傾けない

 

今やたくさんの家庭でペットが飼われるようになりました。

 

しかしながら、ペットロスというものに対する知識や認識は、
まだまだ広がっていないのが現状であると言えるでしょう。

 

ペットロスによる頭痛などで体調が思わしくない時にも、
あなたのその状況に理解を得られない
ことがあるかもしれません。

 

あるいは、「たかがペット」などと、周囲の心無い
言葉に傷つくこともあるかもしれません。

 

しかしあなたにとって亡くなった子は、「たかが」ペット
ではなく、「大事な最愛の」ペットです。

 

周囲の無理解に耳を傾け、無理に立ち直ろうとしたり、
気丈にふるまうということをしてしまうと、ペットロスの症状
が複雑化してしまう恐れがあります。

 

もしも周囲の人々に、あなたの状況をわかって
もらえなかったとしても、それは思い切って割り切り、
耳を傾けないようにしましょう。