ネコのぬいぐるみでペットロスを克服

ペットロスを乗り越える!愛猫そっくりのぬいぐるみとは?

おうちにいる愛猫、ペットであるものの
家族同然の存在ですよね。

 

かわいらしいしぐさや甘えた声、かまってほしくて
体を近づけてきたり、寝ている布団にもぐってきたりと、
一緒に生活している中でたくさんの出来事が起こります。

 

そのような愛猫との何気ない日常の積み重ねが、
とても大切な時間になり、いつまでも一緒に暮らして
いきたいと多くの方が願うでしょう。

 

しかし生物には寿命があり、猫は人よりも寿命が
短いため、いつかは愛猫を看取ることになります。

 

そういったことを覚悟していも、やはり大切にお世話
をしてきた愛猫が亡くなってしまったら、
その悲しみから立ち直るのはなかなか難しいものです。

 

そのような「ペットロス症候群」を乗り越える方法の1つとして、
最近作る人が増えているぬいぐるみについて、
今回はご紹介します。

 

近年増加している「ペットロス」はなぜ起こるのか

 

「ペットロス」は、長年一緒に生活してきたペットを
亡くしたことにより、ショックや悲しみから立ち直れない
状態を指しています。

 

この「ペットロス」は、ペットを「家族の一員」として生活
してきた人に特に多く見られ、近年増加傾向にあると
言われています。

 

その背景として、ペットに対する「意識の変化」が挙げられます。

 

ペットをただの動物としてではなく、一緒に生活をする
家族として大事な存在へと意識が変わり、
それとともにペットサービスも多様化してきました。

 

こういったサービスの充足化や意識の変化により、
ペットロスになる人が増えているのです。

 

ペットロスの症状が重度になると、うつ病などの
精神疾患にかかってしまったり、心臓病などの
疾患にかかってしまうこともあります。

 

家族の一員として、家族以上の存在となりつつある
ペットが側にいなくなってしまうということは、それだけ
大きな負担を心身にかけてしまう可能性があります。

 

誰にでも起こる「ペットロス症候群」は、
今や社会全体の深刻な問題にもなっていると言っても
過言ではありません。

 

ペットロスを乗り越えられるぬいぐるみ?

 

愛猫が亡くなり側にいてくれない悲しみから、
心に穴が開いてしまったような無気力感に
苛まれるかもしれません。

 

しかしそのようなペットロスを、いつかは乗り越えなけれ
ばなりませんよね。

 

乗り越え方は人それぞれですが、ペットロスを克服するための
1つの手段として最近注目を集めているのが「ぬいぐるみ」です。

 

側に置いておけ、抱きしめたい時にギュッとできる、という意味での
ぬいぐるみでもあるのですが、普通のぬいぐるみではありません。

 

最近作る人が増えているぬいぐるみとは、ペットそっくりの
「クローンぬいぐるみ」というものなのです。

 

アメリカ・ケンタッキー州にある「カドル・クローン社」にオーダーすると
、愛猫そっくりなぬいぐるみを作ってくれます。

 

愛猫が亡くなってから作る人も、愛猫が元気なうちにぬいぐるみを
作成する人もいます。

 

期間としては8〜10カ月程かかり、費用も199ドルと
安いものではありません。

 

しかし、大切な愛猫の姿をぬいぐるみとして残しておけるので、
検討されてみる価値はあるのではないでしょうか。

 

姿勢や耳の立ち方などのカスタムオプションも色々用意
されているので、愛猫の一番かわいい姿を、いつまでも側に
置いておけます。