ペットロスで眠れなくなることはあるのか?

ペットロスで眠れない日々が続くことも

家族同様のペットを亡くし、ペットロスに苦しむ人も
少なくない現在です。

 

ペットを亡くした悲しみは、精神的にも身体的にも現れてきます。

 

中でも、睡眠障害になってしまうと心身ともにとても疲れ、辛い状態になってしまいます。

 

症状としては「身体は疲れているのに眠れない」
「とても眠いのに眠れない」
「やっと眠りについたのに、眠りが浅く眼が覚めても
疲れが取れていない」そのような状態が続く場合があります。

 

不眠の原因として良く言われるのが「夜に苦いコーヒーを飲んでしまった」「お酒」
「騒音」「時差によるもの」「ストレス」「不規則な生活」「スマートフォンのやりすぎ」
「旅行などで枕が変わると眠れない」など、少し考えただけでも色々と思い付きます。

 

愛犬・愛猫を思い出してペットロスで眠れなくなる

 

しかし、ペットロスによる眠れない辛い状態は、ペットを亡くした悲しみが
強すぎて自分が意識をしていない精神の中で「辛さ」「悲しさ」が
ストレスとなって眠れない状態として心身に影響を及ぼしているのかもしれません。

 

 

もしかしたら、寝ようと眼を閉じると大切なペットとの日々を思い出してしまう。
だから眠るのが怖い。今までだったら寝る時も
、起きた時も一緒だったのに今はいない。

 

新しい朝が来て目が覚めた時、また大切なペットがいない現実が悲しいと改めて思ってしまう。

 

 

当たり前の日常からぽつんと1人になってしまったような
空虚な気持が眠れなくさせている事に繋がってしまっているのかもしれません。

 

そう考えると私達より小さなペットの存在はとても大きく、
一緒に過ごせる時間は人間に比べると短いけれど、
本当にかけがえのない時間なんだと思います。

 

 

しかし、ペットロスによる眠れない毎日もとても辛く
身体にも大きなダメージを与えてしまいます。

 

ペットを失ってしまった深い悲しみという感情からくる
「眠れない」は少しでも身体を横にして、せめて身体だけでも
休めてあげることをして欲しいと思います。