ペットロスからの回復方法-ハムスター

ハムスターに対するペットロスの克服法

ペットロスというのは、そのペットに愛情を注いでいれば
必然的に発生するものです。

 

一般的には爬虫類や魚類よりも哺乳類に対しての方が、
小さい動物よりも大きい動物に対しての方が、
短命の動物よりも長寿の動物に対しての方が
ペットロスは深刻になっていくと言われています。

 

しかし、ペットが大型の哺乳類であろうが、爬虫類や
魚類であろうが、小さくて短命なハムスターであろうが
ペットロスは起こりえます。

 

飼い主がペットに対して一生懸命に接し、愛情を注いで
いればいるほどきついペットロスに襲われます。

 

今回は小さくて短命ですが、メジャーなペットの一種である、
ハムスターに対するペットロスの克服方法として、
二つの方法を紹介します。

ハムスターの思い出を整理する

 

まず一つ目が「思い出を整理する」方法です。

 

ハムスターの寿命は2〜3年、大型のハムスターだと
プラス数年といったところです。

 

決して長くはありませんが、その分短い時間の間に
たくさんの愛情を注いでいます。

 

その思い出を一つ一つ思い返して行ってもそれほど
時間はかかりません。

 

自分の中で区切りがつくまで何度も何度も思い出し、
思い出の整理をしていくことで徐々にペットロスから
立ち直ることが出来ます。

 

思い出を思い出すだけではなく、書き出してみたり、
話せる方に話してみるのも有効です。

 

自分の中に渦巻く感情を整理していくことが大事です。
気持ちの整理が終われば自然と立ち直ることが出来ます。

新しいハムスターを迎える

 

 もう一つの対象法としては「新しく飼う」という行動がとれます。

 

新しく飼うというのは他のペットに対するペットロスでも有効ですが、
犬や猫は金銭的負担も大きく、なかなか新しく飼うということが
出来ません。

 

一方でハムスターは比較的安価であり、新しく飼うことも容易です。

 

ペットが亡くなってしまったばかりなのに、新しい子を迎えるのは
薄情だと思うかもしれません。

 

しかし、新しい子を迎えるという選択肢を取ることで、驚くほど
早くペットロスを克服することが出来ます。

 

亡くなった子を育てた時間の中で培ったノウハウを使って
次の子のお世話をすることで、次の子には亡くなった子
よりも上手く接してあげることが出来るでしょう。

 

自分の死で飼い主がいつまでも暗い気持ちを引きずって
しまっては、亡くなった子も浮かばれません。

 

少しでも早く立ち直り、また次の子へと愛情を注いで
あげましょう。