ペットロとはどんなもの?症状は?

ペットロスの症状とは?記事一覧

ペットを失うことで起こる”ペットロス”。重症化するとペットロス症候群になってしまいます。芸能人にもペットロスを経験された方はいらっしゃいました。自分だけじゃないと思えると少し心が軽くなるかもしれませんよ。猫の「マミタス」のお別れでペットロスに罹った中川翔子さん記憶に新しいと思いますが、中川翔子さんは2017年に飼っていた愛猫のマミタスを亡くされました。ブログやツイッターで報告をした後は数日ツイッタ...

今やペットは家族の一員。なにをするにもペットが最優先の方も多い時代となりました。しかしどれほど大事に育ててきても、遅かれ早かれペットとのお別れはきます。ペットとの別れは非常に寂しく、悲しいものです。別れの直後は何も手に付かないという方も大勢います。それは仕事や家事についても同じです。だけど「ペットが亡くなったから仕事を休むなんて・・・」という声も。理解されないペットロス。同じ家族ですら理解してくれ...

家族同様のペットを亡くし、ペットロスに苦しむ人も少なくない現在です。ペットを亡くした悲しみは、精神的にも身体的にも現れてきます。中でも、睡眠障害になってしまうと心身ともにとても疲れ、辛い状態になってしまいます。症状としては「身体は疲れているのに眠れない」「とても眠いのに眠れない」「やっと眠りについたのに、眠りが浅く眼が覚めても疲れが取れていない」そのような状態が続く場合があります。不眠の原因として...

大切なペットと過ごす時間は、とても愛おしい時間です。赤ちゃんの時から家族になっても、大人になってから縁あって出会っても。しかし、そこには幸せな時間を共に過ごすと言うことと同時に、人間としての責任も大きく自覚しなければならないことです。責任があるからこそかけがえのない存在になって行くのかもしれません。責任があるから、ペットを失った時に大きな悲しみと寂しさでペットロスになってしまう事もあります。でもそ...

大切なペットを失った時のことなんて考えたくもありません。しかしペットと幸せな時間を過ごしている以上、必ずしも誰もが通らなくてはならない時間とも言えます。ペットが元気な時間を過ごしている時は、とても無邪気で毛並みも艶々していて食欲もあります。人間はそんな時間がずっと続くような気がしているのかもしれません。病気や事故、老衰であっても人間よりずっと寿命が短いペット達を失うのはとても辛いです。しかし、大切...

家族の一員として大切に飼ってきたペットが亡くなった時、それほどペットロスの症状が起きなかったという方もいるでしょう。しかし数年の時間が経過してから、突如悲しさや苦しさを感じるようになり、とてもつらい思いをしているという人がいます。ペットを亡くなってすぐにペットロスにかからなかった人は、時間差で起こるものなのでしょうか。今回は、ペットロスのような症状がなぜペットが亡くなってしばらくしてから起こるのか...

「ペットロス症候群」という言葉を耳にする機会が増えてきました。これは愛するペットを亡くしたことにより、心や身体に様々な症状が表れることを指します。ペットを亡くした後から頭痛がするという方の場合、ペットロスによる症状が身体に出たと言えるでしょう。「症候群」という言葉から、「病気」のような印象を受けることもあるかもしれませんが、ペットロスは病気ではありません。大切な存在だったペットが側にいなくなってし...

最愛のペットが亡くなり飼い主さんには色々な身体的、精神的症状、例えば不眠、食欲不振、無気力感、突然涙が流れるなど、が表れます。通常、時間の経過とともにそういった症状は落ち着いて行きますが、引きずってしまうことで長期化、重症化してしくこともあります。先ほど挙げた症状は、ペットとの別れに対し起こるべき感情のように思えますが、ペットロスにはイライラしてしまう怒りの感情もあります。亡くなっているという状況...

最愛のペットを失くしたことで、飼い主さんに起こる心身の異変がペットロスと言われる症状です。その症状の中には吐き気などもあり、ペットが亡くなったという現実を受け入れることができず、吐き気が止まらないという症状に悩まされている人もいます。それでは、ペットロスによる吐き気への対処法にはどのような方法が効果的なのでしょうか。ペットロスによる吐き気は正常な心身の反応家族の一員として大切な存在であるペットを失...

最愛のペットを亡くし、多くの飼い主さんがペットロスになります。そして個人差はあるものの、時間が経つにつれ悲しみやつらい気持ちが緩和され、数カ月ほどでその悲しみから立ち直り、ペットロスも乗り越えられるものです。ところが僅かではありますが、ペットを失くした悲しみから立ち直れなかったり、周囲との軋轢だったりなどでペットロスが複雑化し、重症化してしまう方もいます。重症化してしまうペットロスの中にはフラッシ...

ペットを飼った経験がある人とない人とでは、ペットが亡くなった後の心情についての是非が別れることがあります。その例として、ペットロスで仕事を休むという事について賛否が分かれることがあります。実際に、休むということに対する周囲の目や、日常生活への支障から仕事を辞めるという選択をした人もいます。ペットロスという言葉を聞いたことがあっても、実際の心身の異変というのは本人にしかわからないものです。いつかはお...

ペットロスで眠れない時の対処法最愛のペットを失くすことで、飼い主さんの心身に何らかの影響が出てしまうのがペットロスです。そういった心身の異変と言うのは、大事な存在を失くしたことにより起こるものなので、病気ではありませんし当然のことだと言えます。しかしペットロスによる心身の異変が、気づかないうちにさらなる疾患を招いてしまい、結果ペットロスが深刻化してしまうことがあります。今ペットロスにより眠れないと...

ペットとのお別れに対し、「あの時ああしていたら」「もっと早く気付いていたら」とご自身を責めている飼い主さんも少なくないのではないでしょうか。ペットロスで苦しみ、大事なペットを失くしたのは自分のせいだと、後悔や自責の念に駆られ自分を責め続けてしまう人はたくさんいます。しかし亡くなったペットは、自分が亡くなったということをあなたのせいだと思っているのでしょうか。今回は、ペットの死が自分のせいだと後悔し...